ボディソープ 安全

ボディソープに含まれる成分などの安全性について検証しました。

ボディソープの安全性を確かめる

界面活性剤が含まれているボディソープに注意

シャンプーやボディソープには、界面活性剤が含まれているものがあります。

界面活性剤とは、水と脂を乳化させてくれる成分です。
そのため、界面活性剤を使用することで、水と皮脂が乳化されるために、汚れが落ちやすくなるのです。

汚れが落ちやすくなるというのはメリットですが、お肌に必要となる皮脂まで落としてしまうのです。

近年は、低価格で洗浄力を高めるために化学合成された成分を使用しているものも多くあります。
ですから、界面活性剤によって、湿疹やかぶれ、乾燥などを引き起こしてしまう危険性があります。

界面活性剤の危険性とは?

界面活性剤の危険性は、タンパク質を変性させるという毒性があることです。

お肌に浸透してしまうことで、お肌の細胞に悪影響を与えてしまうのです。
それによって湿疹などのお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

また、界面活性剤が危険な理由は皮膚への浸透性の高さと、残留性の高さです。

人間の皮膚というのは、皮脂などで保護されているのですが、その皮脂を必要な分も取り除いてしまうために、皮膚深部へ浸透してしまうのです。

さらに、皮膚内に浸透してしまったものは、十分にすすいでもお肌に残ってしまうのです。

Copyright © ボディソープの安全性を確かめる All Rights Reserved.